HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【豊島区】薬剤師がワクチンを配送‐個別接種でかかりつけ医に

2021年06月07日 (月)

 東京都豊島区は、かかりつけ医による新型コロナウイルス感染症ワクチンの個別接種で、薬剤師が医療機関にワクチンを配送する取り組みを進めている。区の保健所で仕分けしたワクチンは約40軒の保険薬局に運ばれ、薬剤師によって約200軒のクリニックへと届けられる。4月23日から業務を開始し、既に7592バイアルの配送実績がある。豊島区では、個別接種が全体の7割を占めており、薬剤師がワクチンの配送役を担うことで接種のスピードアップを狙う。

 豊島区は区医師会と連携し、かかりつけ医による個別接種を推進してきた。通常は、保健所から接種を行うクリニックにワクチンが配送される仕組みだが、他の自治体に比べて個別接種の割合が高く、配送先が200軒のクリニックと分散されているため、配送業者を活用できない課題が浮き彫りになった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報