TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【IQVIA調査】20年世界医薬品売上高、「ヒュミラ」5年連続首位‐「オゼンピック」は146%成長

2021年06月24日 (木)

 2020年の世界医療用医薬品上位20製品について、自己免疫疾患治療薬「ヒュミラ」が290億ドルと5年連続トップとなったことが、IQVIAの調査で明らかになった。2位の抗凝固薬「エリキュース」とは100億ドル以上の差をつけた。新たにトップ20入りしたGLP-1受容体作動薬「オゼンピック」は、成長率が前年比146.3%と最も成長した製品となった。

 トップのヒュミラは、16年に188億ドル、17年に227億ドル、18年に255億ドル、19年に269億ドル、20年に290億ドルと躍進を続けている。成長率を見ても、16年が20.9%、17年が16.9%、18年が10.8%、19年が6.7%と伸びは鈍化しながらも成長を遂げ、20年も7.5%と確実に売上を伸ばした。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報