徐放性製剤「セレニカR錠」に400mg製剤を追加、コンプライアンス向上へ 日研化学

2006年08月02日 (水)

新たに追加された400mg製剤
新たに追加された400mg製剤

 日研化学は、てんかんや躁状態の治療に用いる徐放性製剤「セレニカR錠」(一般名:バルプロ酸ナトリウム)に400mg製剤を追加し、発売した。含有成分量を増やしたことで、服薬錠数を減らせることから同社は「コンプライアンスの向上が期待できる」としている。

 薬価は一錠50・10円。同剤は、バルプロ酸ナトリウムを400mg含有する日本初の徐放性製剤だという。

 既存のセレニカはセレニカRでは、40%顆粒、200mg錠があり、三菱ウェルファーマ(WP)と共同販売しているが、400mgについては日研化学が興和と医療用薬事業で営業統合した後の10月中旬から三菱WPと共同販売を始める。同様に、プロモーションは精神科領域に特化している三菱WP子会社の吉富薬品が行う。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報