【新製品】「レベスティブ」発売‐国内初の短腸症候群薬 武田薬品

2021年08月27日 (金)

 武田薬品は、短腸症候群治療薬「レベスティブ皮下注用3.8mg」(一般名:テデュグルチド遺伝子組み換え)を新発売した。国内初の短腸症候群治療薬となる。

 同剤は、天然型GLP-2よりも長く腸管に作用する組み換えヒトGLP-2アナログ。33個のアミノ酸からなるペプチドで、天然型GLP-2と同様の機序を介して作用し、-2と同一の受容体に結合することによって効果を発揮する。

 短腸症候群は、食事から十分な水分や栄養を吸収できず、生命を維持するため静脈栄養が必要となる重篤な慢性疾患。これまでの静脈栄養や静脈内輸液は患者のQOLを低下させ、カテーテル関連血流感染症などの合併症リスクもあった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

新薬・新製品情報 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報