TOP > 無季言 ∨ 

抗原検査キット、販売時に適切な説明を

2021年11月22日 (月)

◆新型コロナウイルス感染症の第6波に対応するため病床確保をはじめワクチンの追加接種の承認、年内の特例承認を目指す経口薬の量確保、薬局での抗原検査キットの販売など、多くの対策が打ち出されている。近く各種規制の全面解禁もあるという
◆全面解禁に当たっては、今まで「ステージ」という基準を0~5までの「レベル」という基準にし、各レベルで規制をかけていく。また、各種催しにはワクチン接種証明書やPCR検査、抗原検査を組み合わせて観客数など規制していく
◆少し危惧されるのは、抗原検査キットの不具合からメーカーが自主回収していることも含め、抗原検査の精度・感度・特異度の問題だ
◆この三つに大きく影響を与えるのが検体採取方法である。鼻腔ぬぐい液や鼻腔咽頭ぬぐい液などの場合、医療機関での採取は問題はないが、薬局でキットを購入した場合、自分で良好な採取ができるのか心配になる。販売する薬局の薬剤師には、適切な採取の手技・手法を分かりやすく説明できるようにしておいてほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報