TOP > 無季言 ∨ 

コロナでがん検診受診率が大きく低下

2022年01月26日 (水)

◆新型コロナウイルスの拡大がもたらしたがん治療への影響について、がん薬物療法専門医のレクチャーを聴く機会があった。直接的には、がん患者では同ウイルス感染症の重症化リスクが高まる。ワクチンの効果はがん患者で低下する可能性があるという
◆間接的にはコロナの影響で、がん検診の受診率は大きく低下した。昨年は回復基調になったものの、それでも以前の水準には戻っていない。もしかしたら、がんの早期発見が遅れてしまい、命を救えなかったケースもあるのかもしれない
◆ここにきて国内でも一気にオミクロン株が広まっている。重症化リスクは高くないとされる同株の拡大は、従来通りの厳格な対応を社会全体で続けるべきかという問いを投げかけてくる
◆感染拡大を防ぐことは重要なことだが、それだけに意識を向けてしまうと、拡大防止策に伴う様々なリスクやデメリットが見えづらくなってしまう。過度に恐れることなく、社会全体にとって何が最適なのかを広い視野で合理的に考えてコロナに向き合うべきだろう。



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報