TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府】後発品ロードマップ改定‐23年度80%「達成」を「維持」に

2022年02月25日 (金)

後発品ロードマップ改定

 大阪府は18日、2021年度「第1回大阪府後発品安心使用促進のための協議会」を開き、府の「後発品のさらなる使用促進のためのロードマップ」改定案が了承された。国が設定した目標である23年度末までの後発品使用割合80%の「達成」を「維持」に変更。さらに、新たに全ての医療用医薬品を分母とした後発品の使用割合で、全国平均を目指す。今後は、両指標をもとに事業の進捗状況を把握していくことになった。

全医療用薬の割合増へ

 同協議会で府は、「薬剤費を抑えるためには全ての医療用医薬品の中で後発品の割合を増やすことが有効と考えた」と説明。同指標では、昨年9月時点で府は57.4%と全国平均の59.1%を下回ることから、全国平均に追いつくことを新たな目標に加えた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報