TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【ヤンセンファーマ】多発性骨髄腫、「話し合う医療」支援‐患者の希望、手紙で明確に

2022年04月07日 (木)

こころレター

こころレター

 多発性骨髄腫治療で「話し合う医療」を支援する取り組みが始まった。医師などと話し合いながら治療を進めたいという患者は多く、その思いを後押しする。患者自身が1~2カ月先の自分宛てに手紙を送り、自身への手紙で長期にわたる治療への意欲を高めると共に、手紙にまとめることを通じて希望する治療について考え、医療従事者に伝えるきっかけにする。

 「医学、科学は日進月歩に進んでいる。その間にもいい薬、より良い治療法が出てきている。主治医と相談の上、自分を信じ頑張ろう。闘っているのは自分1人じゃないから。自分の身体、人生を粗末にしてはいけない」

 これは、2019年に多発性骨髄腫であることを公表した漫才コンビ「宮川大助・花子」の花子さんが綴った手紙。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報