植え込み型除細動器「セキュラDR」「セキュラVR」、両室ぺーシング機能付き植え込み型除細動器「コンサルタCRT‐D」を発売 日本メドトロニック

2009年3月16日 (月)

yakuji_photo

 日本メドトロニックは、植え込み型除細動器(ICD)「セキュラDR、同VR」と、両室ぺーシング機能付き植え込み型除細動器(CRT‐D)「コンサルタCRT‐D」(写真)を新発売した。

 「セキュラDR、同VR」は、致死性の不整脈を自動的に検出し、即座に心臓へ電気的治療を施す植え込み型医療機器。一方、「コンサルタCRT‐D」は、ICDにペースメーカの機能を加えたもの。

 新たに発売された3製品は、ICD・CRT‐Dとして国内初の「完全キャプチャマネジメント機能」を搭載した。心筋を興奮させる電流の最小値を自動測定し、測定結果に基づいて出力を自動調整できるため、心不全・不整脈などの心疾患患者の負担軽減が期待される。

 保険償還価格は、「セキュラDR」330万円、「同VR」316万円、「コンサルタCRT‐D」419万円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録