TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】新薬8成分を20日に収載‐原価低開示2品目加算ゼロ

2022年04月15日 (金)

 厚生労働省は20日付で、新薬8成分11品目を薬価基準に収載する。内訳は、内用薬3成分4品目、注射薬4成分6品目、外用薬1成分1品目。アムジェンの抗癌剤「ルマケラス錠」に有用性加算I35%を適用。2022年度薬価制度改革で導入された製造原価の開示度50%未満の品目に対する加算係数をゼロとする仕組みが、アルジェニクスジャパンの全身型重症筋無力症治療薬「ウィフガート」など原価計算方式で算定された2品目に適用された。13日の中央社会保険医療協議会総会で了承された。

 ▽ウィフガート点滴静注400mg(アルジェニクスジャパン):新有効成分のエフガルチギモドアルファを含有する全身型重症筋無力症治療薬。原価計算方式で算定し、製品総原価や営業利益等を積み上げた額に、新規作用機序による臨床上の有用性が示されたとして5%の有用性加算II、希少疾病用医薬品に指定されていることから10%の市場性加算Iを付けた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報