低濃度領域のC反応性蛋白測定キット「バナリストエースhsCRP」 三和化学研究所

2009年3月25日 (水)

yakuji_photo

 三和化学研究所は、低濃度領域のC反応性蛋白(CRP)測定キット「バナリストエースhsCRP」を新発売した。低濃度領域のCRP測定は、新生児で欠かせない検査項目だが、これまで多量の採血を必要とするため、新生児に負担となる難点があった。

 新製品は、低濃度領域のCRP測定キットで、微量血液で測定できることから、新生児の負担軽減が期待できる。また、約7分30秒で検査結果が得られ、ベッドサイド測定できるのも特徴。

 既に同社は昨年10月、世界で初めて液体試薬使用のμTAS(マイクロタス)測定チップを使った微量血液検査システム「バナリストエース」を発売済みで、CRP測定キットとしては、通常濃度領域の「バナリストエースCRP」に続く第2弾。税込み価格は、10回用3780円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録