TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【財政審が建議】薬学部定員抑制に初言及‐毎年改定の完全実施も要求

2022年05月30日 (月)

 財務省の財政制度等審議会は25日、2023年度予算編成に向けた建議を取りまとめ、鈴木俊一財務相に提出した。薬学部の入学定員数について初めて内容に盛り込み、定員数抑制も含めた適正な定員規模のあり方を早急に検討するよう求めたほか、毎年薬価改定の完全実施を迫った。市場実勢価格の加重平均値に対して上乗せを行っている調整幅の廃止も要求した。

 医療分野では、薬価のあり方を明記。22年度から湿布薬の上限枚数が変更されたことを例に、「保険給付範囲を見直すことでイノベーションに役立つ医薬品等の登場を促す財政余地が生じる」とし、既存薬の保険給付範囲の見直しを加速化、徹底すべきとした。毎年薬価改定では、21年度の対象品目が全体の約7割にとどまったことなどから、早期に完全実施するよう求めた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報