TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【杏林製薬】再生医療等製品を開発へ‐ファブリー病対象、ベンチャーと契約

2022年06月23日 (木)

 杏林製薬は、再生医療等製品の開発を行うことになった。17日、国内バイオベンチャーのセルジェンテックと希少・難治性疾患のファブリー病を対象にした開発中の候補物質について、日本における共同開発・実施権許諾契約を締結したと発表した。現在、早期臨床試験を目指して開発中の段階という。

 杏林の中期経営計画の重点戦略のパイプライン拡充の一環で、希少・難治性疾患の開発品導入にも積極的に取り組んでいた。再生医療等製品の開発は以前にも行ったことがあるが、今回、開発が成功すれば、杏林は初めて再生医療等製品を扱うことになる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報