TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

突然変異の染色体背景‐東大などグループ、肺癌ゲノム解析で解明

2022年06月30日 (木)

 東京大学大学院新領域創成科学研究科の鈴木穣教授らのグループは21日、国立がん研究センター、国立国際医療研究センターとの共同研究で、ショートリードシークエンス技術とロングリードシークエンス技術を組み合わせて肺癌ゲノムのフェージング解析を行い、突然変異の染色体背景を解明したと発表した。

 癌のゲノム異常解析は、一塩基変異のような点突然変異に限らず、染色体規模で構造が変化する構造変異にも進められている一方、変異の染色体背景に関する解析はまだ行われていない。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報