レナリドミド”を含む記事一覧

2020年01月15日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
インフルワクチン副反応疑い報告:P2 ヘルスケア特化の薬局 パナドーム:P6 血液内科領域を強化 Meiji Seikaファルマ:P7 企画〈添加剤〉:P4~5

続きを読む »


2019年12月20日 (金)

【MSD】抗PD-1抗体/抗悪性腫瘍剤「キイトルーダ(R)」根治切除不能又は転移性の腎細胞癌および再発又は遠隔転移を有する頭頸部癌に対する効能・効果について一部変更承認を取得
【グラクソ・スミスクライン】A型ボツリヌス毒素製剤「ボトックス注用50単位」、「ボトックス注用100単位」、過活動膀胱、神経因性膀胱の適応追加および上肢痙縮の用法・用量変更について承認取得
【ファイザー】抗PD-L1抗体バベンチオ(R)(一般名:アベルマブ(遺伝子組換え))、インライタ(R)(一般名:アキシチニブ)との併用療法で追加適応症の承認取得 ~進行腎細胞がんのファーストライン治療に新たな選択肢~

続きを読む »


2019年05月27日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
新会長に渡辺氏 薬卸連:P2 全薬局を「地域連携」に 日薬・乾副会長:P3 中計目標「やや及ばず」 ココカラファイン:P6 他社連携で創薬加速 あすか製薬:P7

続きを読む »


2019年04月10日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
光免疫療法など先駆け指定:P2 RI内用療法研究推進 京都薬大:P3 腎臓再生医療を共同研究:P6 障害者雇用で農業事業 イーピービズ:7

続きを読む »


2019年04月08日 (月)

【アストラゼネカ】セルメチニブ、米国において神経線維腫症I型(NF1)の画期的治療薬として指定
【エーザイ】新規線維芽細胞増殖因子(FGF)受容体選択的チロシンキナーゼ阻害剤「E7090」 厚生労働省の「先駆け審査指定制度」において対象品目に指定
【中外製薬】がんのウイルス療法「テロメライシン(OBP-301)」に関する独占的ライセンス契約および資本提携契約の締結について

続きを読む »


2018年12月11日 (火)

 厚生労働省は6日、強い催奇形性を有する多発性骨髄腫治療薬のサリドマイドと類薬のレナリドミド、ポマリドミドについて、胎児への曝露防止を目的とした安全管理手順の改訂内容を医療機関に周知するよう都道府県に通知した。家族や

続きを読む »


2018年04月09日 (月)

 厚生労働省は5日、強い催奇形性を有する多発性骨髄腫治療薬のサリドマイドと類薬のレナリドミド、ポマリドミドについて、胎児への曝露防止を目的とした安全管理手順の改訂案を「サリドマイド・レナリドミドの安全管理に関する

続きを読む »


2018年03月27日 (火)

【厚労省】「先駆け審査指定制度」の対象品目を指定しました~新たに11品目を指定。画期的な製品の日本における開発を促進~
【厚労省】第103回薬剤師国家試験の合格発表を行いました
【厚労省】薬事工業生産動態統計平成29年11月分月報について

続きを読む »


2017年12月11日 (月)

【協和発酵キリン】モガムリズマブの皮膚T細胞性リンパ腫を対象とした第3相臨床試験結果の学会発表について
【武田薬品】悪性リンパ腫治療剤「アドセトリス(R)」の進行期ホジキンリンパ腫を対象とした一次治療に関する臨床第3相試験ECHELON-1試験の最新データについて
【中外製薬】未治療の局所進行または転移性腎細胞癌患者さんを対象としたIMmotion151試験においてアテゾリズマブおよびアバスチンの併用療法がスニチニブと比較し、PD-L1の発現が認められる患者さんにおいて無増悪生存期間を有意に延長

続きを読む »


2017年11月24日 (金)

 ヤンセンファーマは、再発・難治性の多発性骨髄腫治療薬であるヒト抗CD38抗体「ダラザレックス点滴静注100mg、同400mg」(一般名:ダラツムマブ)を新発売した。  同剤は、CD38を標的とする新規作用

続きを読む »


2017年06月26日 (月)

日本赤十字社医療センター・鈴木憲史氏が講演  日本赤十字社医療センター骨髄腫アミロイドーシスセンター長の鈴木憲史氏は、21日に都内で講演し、経口プロテアソーム阻害剤「ニンラーロ」(一般名:イキサゾミブ)

続きを読む »


2017年05月26日 (金)

 武田薬品は、国内初の経口プロテアソーム阻害剤である多発性骨髄腫(MM)治療薬「ニンラーロカプセル2.3mg、同3mg、同4mg」(一般名:イキサゾミブクエン酸エステル)を新発売した。オンコロジー担当のMR200人弱

続きを読む »


2017年02月21日 (火)

 厚生労働省は15日、セルジーンの多発性骨髄腫治療薬「レブラミド」(一般名:レナリドミド)と「ポマリスト」(一般名:ポマリドミド)の管理や使用方法などを定めた適正管理手順(RevMate)を改訂し、医療機関などに注意

続きを読む »


2017年01月27日 (金)

薬食審調査会で了承  薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会は24日、セルジーンの多発性骨髄腫治療薬「レブラミド」(一般名:レナリドミド)と「ポマリスト」(一般名:ポマリドミド)の管理や使用

続きを読む »


2016年11月25日 (金)

 ブリストル・マイヤーズスクイブは、多発性骨髄腫に対する初の抗体医薬の抗SLAMF7抗体「エムプリシティ点滴静注用300mg・同400mg」(一般名:エロツズマブ)を新発売した。  エムプリシティは、骨髄腫

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報