経済財政諮問会議”を含む記事一覧

2016年5月20日 (金)

 財政制度等審議会は18日、『「経済・財政再生計画」の着実な実施に向けた建議』で、スイッチOTC化された医療用医薬品の保険償還率引き下げや、ビタミン剤など市販品類似薬の保険外しなどを提案した。 (さらに&hell

続きを読む »


2016年5月16日 (月)

 経済財政諮問会議は11日の会合で、経済・財政一体改革と骨太方針の骨子案を議論した。社会保障の歳出改革について民間議員は、医療保険給付の伸びの要因を精査すると共に、社会保障関係費の自然増をエビデンスベースで検証すべき

続きを読む »


2016年5月16日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
熊本地震の活動状況 日薬が報告:P2 キャンパス・トピックス:P3 ラツーダ特許切れに対応 大日本住友:P8 企画〈GE薬協50周年〉:P4~7

続きを読む »


2016年4月14日 (木)

 内閣府は、8日の経済財政諮問会議社会保障ワーキング・グループに、社会保障分野の当面の取り組み案を示した。 (さらに…)

続きを読む »


2016年4月13日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
政府が薬剤耐性防止行動計画:P2 進む電子お薬手帳への移行:P7 流通企画部を設置 東和薬品:P8 企画〈殺菌消毒剤〉:P4~6

続きを読む »


2016年1月8日 (金)

 2016年のスタート、私たちを取り巻く環境が大きな変革の時を迎えているのではないでしょうか。超高齢化社会の進展によって社会保障、なかでも医療関連に大きなウエイトがかかろうとしています。昨年来、政府の骨太の方針・経済

続きを読む »


2016年1月8日 (金)

厚生労働大臣 塩崎恭久  今後も高齢化が進展していく中で、世界に冠たる国民皆保険・皆年金をはじめとする社会保障制度をしっかりと次世代に引き渡していくため、安定財源を確保して制度の充実・安定化を図ると共に、重点化

続きを読む »


2015年12月28日 (月)

日本医薬品卸売業連合会専務理事 山田耕蔵  医薬品卸売業界の1年を振り返り、今後の対応の方向を考えてみたい。消費税の表示カルテル、新バーコード表示、国際関係などもご紹介したいが、紙幅の都合上、流通改善、未妥結減

続きを読む »


2015年12月11日 (金)

きょうの紙面(本号12ページ)
薬価部会が業界をヒアリング:P2 全国学校薬剤師大会開かれる:P3 電子患者日誌 国内普及へ:P11 企画〈家庭薬〉:P4~9

続きを読む »


2015年11月27日 (金)

 塩崎恭久厚生労働相は24日、政府の経済財政諮問会議に出席し、2016年度診療報酬改定について、大型門前薬局の評価を適正化するため、調剤報酬で対応するほか、かかりつけ薬剤師の推進に向け「薬剤服用歴管理指導料」の見直し

続きを読む »


2015年11月27日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
大西経済課長が会見:P2 第48回日薬学術大会ハイライト:P3 アラガンを買収 米ファイザー:P7 企画〈外用消炎鎮痛薬〉:P4~5

続きを読む »


2015年11月6日 (金)

 2015年を振り返るにはまだ早いが、今年の薬局薬剤師を取り巻く出来事や議論は、「医薬分業のあり方」のターニングポイントとして、後世の薬剤師の薬局業務に大きな影響を与える可能性が高いような気がする。  経時的に

続きを読む »


2015年11月2日 (月)

 厚生労働省から(10/23)「患者のための薬局ビジョン」が発表されました。今後の薬局の将来像を示すもので、大病院前の「門前薬局」を「かかりつけ薬局」に変えることが大きな柱となっています。かかりつけ薬剤師・薬局が持つ

続きを読む »


2015年10月22日 (木)

 塩崎恭久厚生労働相は16日に開かれた経済財政諮問会議で、2016年度診療報酬改定について、患者の価値やアウトカムを考慮した報酬体系やインセンティブの設定など、20年後を見据えた保健医療のあり方への転換を実現するため

続きを読む »


2015年10月21日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
抗インフル薬の備蓄で指針:P2 コンドロイチン錠剤小型化 ゼリア新薬:P7 CROとCSOを統合 アグレックス:P8 企画〈薬大案内〉:P3~6

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報