脳卒中”を含む記事一覧

2014年12月3日 (水)

 シャイアー・ジャパン=本態性血小板血症治療剤「アグリリンカプセル0・5mg」(一般名:アナグレリド塩酸塩水和物カプセル)を発売した。血小板の前駆細胞である巨核球へ選択的に作用して血小板産生を抑制する。  本態

続きを読む »


2014年11月19日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ、別刷「メディカル版」8ページ)
薬卸連がセミナーを開催:P2 JCLを完全子会社化 シミックHD:P7 企画〈九州山口薬学大会〉:P4~5

続きを読む »


2014年9月12日 (金)

日時 2014年11月6日(木)10:00~16:10 場所 千里ライフサイエンスセンタービル5階 山村雄一記念ライフホール (大阪、豊中市) 主催 公益財団法

続きを読む »


2014年9月8日 (月)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会は4日、第一三共の経口抗凝固薬「リクシアナ錠15mg」「同30mg」の「非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中・全身性塞栓症の発症抑制」と「静脈血栓塞栓症の治療・再発抑制」の適

続きを読む »


2014年6月11日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
東北薬卸連が総会を開催:P2 医薬全商連が解散を決議:P3 全療工の新会長に玉川氏:P6 企画〈化学療法学会〉:P4~5

続きを読む »


2014年6月2日 (月)

【ベーリンガーインゲルハイム ジャパン】プラザキサ(R)の抗凝固作用に対する中和剤の臨床開発が次の段階へ
【田辺三菱製薬】アレルギー性疾患治療剤「タリオン(R)錠」「タリオン(R)OD錠」小児適応追加の申請について
【エーザイ】抗がん剤「レンバチニブ」が放射性ヨウ素治療抵抗性分化型甲状腺がんを対象とした臨床第III相試験において無増悪生存期間を顕著に改善

続きを読む »


2014年5月28日 (水)

【武田薬品】自己免疫疾患治療薬に関するMacroGenics社との提携について
【グラクソ・スミスクライン】GSKとGenmab再発・難治性びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の患者を対象としたオファツムマブ併用化学療法とリツキシマブ併用化学療法の比較試験の主要結果を発表
【田辺三菱製薬】欧州グループ会社の社名変更に関するお知らせ

続きを読む »


2014年5月19日 (月)

【ベーリンガーインゲルハイム ジャパン】NEJMに発表された特発性肺線維症(IPF)を対象とした第3相臨床試験結果から、ニンテダニブ*が病勢進行を遅らせることが明らかに
【日本イーライリリー】第4回リリー・オンコロジー・オン・キャンバス がんと生きる、わたしの物語。―絵画・写真コンテストー受賞作品決定

続きを読む »


2014年4月28日 (月)

第263回 病院薬学研修会 脳梗塞の約30%が心房細動によると言われている(心原性脳梗塞)。心房細動が持続すると心房内に血液がよどみ、血栓ができやすくなり、特に左房でできた血栓が脳に飛ぶと脳動脈が閉塞され脳梗塞

続きを読む »


2014年4月4日 (金)

【ゼリア新薬】日本初の月経前症候群治療薬「プレフェミン(R)」製造販売承認取得のお知らせ
【アボット ジャパン】末梢動脈疾患患者治療用の同社Supera(R)ステントのFDA承認を発表
【参天製薬】緑内障・高眼圧症治療剤タフルプロストの米国における販売に関するOak社との契約の締結について

続きを読む »


2014年4月3日 (木)

 超高齢社会の日本、加齢と共に筋力が衰え体の動きが鈍くなってきます。食べるため、飲み込むために関わる口や喉の筋力も弱くなり協調運動ができなくなっていくのです。食事中にむせたり、咳き込んだり、咀嚼力低下など加齢、脳卒中

続きを読む »


2014年3月18日 (火)

【ベーリンガーインゲルハイム ジャパン】プラザキサ(R)(ダビガトランエテキシラート)、心房細動患者における脳卒中の発症予防を適応として 100ヵ国以上で承認
【アステラス製薬】Roxadustatの第III相試験プログラムにおいて、欧州で組み入れを開始しました。
【日本イーライリリー】2013年度業績は1,920億円を達成~対前年比売上9%増を達成~

続きを読む »


2014年3月5日 (水)

 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「薬事日報 電子版」でご覧いただけます。(→ 「薬事日報 電子版」とは) ※「薬事日報 会員」は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけます。

続きを読む »


2014年3月4日 (火)

【ブリストル・マイヤーズ】サブ解析により、エリキュース(R)(一般名:アピキサバン)は、非弁膜症性心房細動の高齢患者を含むすべての年齢層で一貫して脳卒中リスクを抑制し、大出血イベントもワルファリンより少ないことが証明された。
【MSD】販促子会社を設立‐地域の営業強化と多様な働き方の実現を目指す‐
【参天製薬】TRC105導入に関するライセンス契約締結について

続きを読む »


2013年10月28日 (月)

 マウスにおいて脂肪組織に存在する制御性B細胞が脂肪組織の炎症を抑えることを、東京大学病院循環器内科の研究グループが発見した。また、この制御性B細胞は肥満するとマウスだけでなくヒトでも減少することも分かった。これは、

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報