12月6日に2015年大会開催 臨床漢方薬理研究会

2015年10月26日 (月)

 臨床漢方薬理研究会=2015年大会を12月6日、「近代人に必要な漢方医薬の構築」をテーマに大阪狭山市の近畿大学医学部円形棟大講堂で開く。同大会は、心身の変動(ゆらぎ)が大きく、健康を崩す人が少なくない中、東洋医学を身近に生かすことを目的としたもの。

 研究会では、▽実臨床に向けた生薬供給の現況と課題=吉田嗣治(ウチダ和漢薬)▽漢方薬局の活動状況とこれから=大阪府薬剤師会▽漢方薬と西洋薬の効き目―どこが違う?=日置智津子(近畿大学東洋医学研究所)▽食品薬学(機能性食品素材に生活習慣病の予防および改善に有用なシーズを求めて)=森川敏生(近畿大学薬学総合研究所教授)の各氏の講演を予定している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録