HOME > 無季言 ∨ 

副作用情報はより重要に

2015年12月2日 (水)

◆厚労省は先月、先駆け審査指定制度の対象に6成分を指定した。同制度は、画期的な新薬を世界に先駆けて実用化するため、承認までの審査期間を大幅に短縮させるもので、運用から初めての指定となる
◆9月には、患者から採取した細胞をシート状に培養して心臓に貼る心臓シート、骨髄移植後の合併症や急性移植片対宿主病(GVHD)に対する細胞性医薬品の承認が了承された。医薬品医療機器等法施行後、初めてとなる再生医療等製品である
◆画期的な医薬品・医療機器をいち早く医療現場に導入させようという動きは大きく加速している。世界に先駆けて画期的な新薬が上市されるようになったり、再生医療等製品などのように一定の安全性や有効性が確認され、上市されるものが増えていけば、当然、医療現場や薬局で初めての副作用に出くわすこともあり、副作用とおぼしき情報はこれまで以上に重要な意味を持つことになる
◆とりわけ、医薬品を扱う薬剤師には患者の期待に応えるという気概を持って取り組んでもらいたい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録