9月にNDB活用でシンポ 医療経済研究機構

2016年7月15日 (金)

 医療経済研究機構は9月21日13時から、東京内幸町のイイノホールで、シンポジウム「NDB(レセプト情報・特定健診等情報データベース)の活用を通じた今後の医療の展望」を開催する。参加費は、同機構の賛助会員は無料だが、一般は3000円。プログラムは次の通り。

基調講演

 満武巨裕(医療経済研究機構研究部研究副部長)

特別講演1

 AMEDのミッション:データ共有と医学研究の推進‐菱山豊(日本医療研究開発機構執行役)

特別講演2

 最先端ビッグデータ技術の医療への応用(仮)‐喜連川優(国立情報学研究所所長)

パネルディスカッション

 超高齢社会におけるNDBの総合的な活用と医療のあり方‐座長:辻哲夫(医療経済研究機構副所長)、パネリスト:中島直樹(九州大学病院メディカル・インフォメーションセンター教授)、飯島勝矢(東京大学高齢社会総合研究機構教授)、合田和生(東京大学生産技術研究所特任准教授)、濱谷浩樹(厚生労働省大臣官房審議官[医療介護連携担当])、満武巨裕

 問い合わせは、同機構企画渉外部(TEL03-3506-8529、FAX同8528)まで。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録