HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

医療用材料の国内市場が拡大‐2012年には1兆円間近に

2009年7月17日 (金)

 医療用材料の国内市場が拡大するとの予測結果が、調査会社「富士キメラ総研」が行った調査で分かった。高齢化社会の進展や食生活の変化による疾患数の増加、材料の高機能化などにより、2008年の8700億円から12年には9867億円に達すると予測している。

 調査は、医療用材料市場の調査・分析を目的として、人工臓器類や整形外科用材料やディスポーザブル医療用具などの9分野40品目で集計された。

 それによると、08年の医療用材料の市場規模は、8700億円に上った。分野別では、ディスポーザブル医療用具が2390億円と最も大きく、眼科用材料が2000億円、人工臓器類が1641億円と続いた。

 さらに、集計結果から、09年以降も医療用材料の市場が拡大し続け、12年には08年比で13・4%増の9867億円に達することが分かった。ディスポーザブル医療用具が4・1%減の2292億円と落ち込む一方で、高齢化の進展を受け、眼科用材料は40・0%増の2800億円と大幅に伸長する見通し。また、人工臓器類も8・3%増の1778億円と順調に推移する見込みだ。

 そのほか、DNAチップや植え込み型除細動器、人工歯根、ウイルス除去膜で大幅な市場拡大が見込まれている。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録