HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】便秘型IBS治療薬「リナクロチド」導入

2009年11月11日 (水)

 アステラス製薬は、米アイアンウッド・ファーマシューティカルズが便秘型過敏性腸症候群(IBS)および慢性便秘の治療薬として開発中の「リナクロチド」について、日本・インドネシア・韓国・フィリピン・台湾・タイでの独占的開発・販売権を取得した。

 契約により、アステラスは、アイアンウッドに対し、契約一時金3000万ドルと、開発段階に応じたマイルストーンを含む総額7500万ドル(約67億円)を支払う。また上市後は、売上に応じたロイヤリティを支払うほか、独占権を取得したアジア6カ国での臨床開発、承認取得、販売に関する全ての費用を負担する。

 リナクロチドは、1日1回投与の経口C型グアニル酸シクラーゼ(GC-C)受容体作動薬。腸粘膜上皮細胞上のGC-C受容体と結合し、細胞内の環状グアノシン一リン酸(cGMP)の産生を活性化させることで、腸運動を促進し、便秘を改善する。また、細胞外のcGMPの分泌を促し、腹痛を軽減する作用も持っている。

 現在、アイアンウッドは、便秘型IBS・慢性便秘患者を対象とした、リナクロチドの第III相試験を米国で実施している。

 アステラスは、消化器領域の男性下痢型IBS治療薬「イリボー」、混合型IBS治療薬「コロネル」に加え、新たにリナクロチドを導入することにより、IBS治療薬のラインナップを強化した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録