HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】むずむず脚症候群治療薬を国内申請

2009年11月20日 (金)

 アステラス製薬は、レストレスレッグス症候群(RLS)治療薬「ASP8825」の国内承認申請を行った。国内のRLS治療薬では、日本ベーリンガーインゲルハイムが開発した「ビ・シフロール」に続く承認申請となる。

 「ASP8825」は、米ゼノポートが創製した抗てんかん薬「ガバペンチン」の新規プロドラッグ化合物。消化管全体に存在する高容量輸送体から能動的に吸収され、生体内で迅速にガバペンチンに変換されるよう設計されているのが特徴で、投与量に比例して血中濃度が上昇すると共に、ガバペンチンの経口製剤に比べ、吸収率を向上させた。

 なお、アステラス製薬は、導入先のゼノポートに対し、「ASP8825」の承認申請に伴う一時金として5百万ドルを支払う。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録