抗てんかん薬「イーケプラ」発売‐ケイマックスUCB社長「国内市場を開拓」 UCBジャパン、大塚製薬

2010年9月17日 (金)

yakuji_photo
ケイマックス社長

 UCBジャパンと大塚製薬は、17日の薬価収載後に新規抗てんかん薬「イーケプラ」(一般名:レベチラセタム)を新発売する。UCBジャパンのエマニュエル・ケイマックス社長は、13日に都内で開いた記者会見で、「包括的なアプローチを通じて、国内のてんかん薬市場を開拓したい」と強調。脳神経外科医、精神科医、神経内科医、小児神経科医をターゲットに、イーケプラの情報提供活動を進めていく方針を示した。

 イーケプラは、UCBが創製した新規抗てんかん薬。「ケプラ」の製品名で世界90カ国以上の販売実績があり、グローバルのてんかん薬市場ではトップシェア製品となっている。シナプス小胞蛋白質2Aに結合することで、発作抑制作用を示すほか、薬物相互作用が少ないのが特徴。

 国内では、UCBジャパンと大塚製薬がイーケプラの共同開発を進め、上市後は、大塚製薬が販売、大塚製薬のMR1070人とUCBジャパンのCNS専門MR54人で共同販促を行う。

 今後、てんかん領域を得意とするUCBと中枢神経領域で実績を持つ大塚の強みを組み合わせて、包括的なアプローチを行い、イーケプラの最大化に取り組む。国内では、てんかん患者を複数の診療科で対応する環境下にあることから、脳神経外科医、精神科医、神経内科医、小児神経科医をターゲットに情報提供活動を進めていく方針。

 一方、両社は、イーケプラのライフサイクルマネジメントにも取り組んでおり、「小児用の部分発作起始(POS)併用療法」「成人・小児の原発性全般性強直間代発作」に対する適応拡大をはじめ、ドライシップ剤の国内開発が進行中だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録