HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ノバルティスファーマ】「イラリス」を新発売‐国内初のCAPS治療薬

2011年12月9日 (金)

 ノバルティスファーマは、国内初のクリオピリン関連周期性症候群(CAPS)治療薬「イラリス皮下注用150mg」(一般名:カナキヌマブ)を新発売した。

 イラリスは、IL‐1βに対する遺伝子組換えグロブリンG1モノクローナル抗体。CAPSの症状を増悪させる炎症性サイトカインIL‐1βに高い選択性を示し、活性を中和することで、CAPSの炎症症状を寛解させる。

 国内臨床試験では、投与後24週以内に完全寛解した患者の割合は94・7%、48週以内には100%の患者で完全寛解が得られている。

 用法・用量は、体重40㎏以下の患者には、カナキヌマブとして1回2mg/kgを、体重40㎏を超える患者には1回150mgを8週ごとに皮下投与する。

 薬価は、150mg1瓶が143万5880円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録