HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【4月改定】引き下げ幅は縮小‐日薬連薬価研が調査

2012年6月11日 (月)

 日本製薬団体連合会保険薬価研究委員会は8日、4月の薬価改定の影響に関する調査結果等をまとめた研究報告を発表した。同委常任運営委員会24社の改定影響率は6・4%と、前回改定時調査の7・1%に比べ、0・7ポイント引き下げ幅が小さくなった。前回改定に引き続き、後発品のある先発品に対する追加引き下げが実施されたものの、不採算品再算定の適用品目が大幅に増加したことが影響した。

 薬価改定の平均影響率は、薬価研24社が6・4%(前回7・1%)で、厚生労働省発表の平均改定率6・00%を上回る影響となった。後発品を扱う日本ジェネリック製薬協会(JGA)23社は7・7%(9・6%)、欧米企業のPhRMA・EFPIA16社は5・8%(6・2%)。いずれも前回より引き下げ幅が縮小した。

 薬価研会員社等で引き下げ幅が小さくなったのは、不採算品再算定の適用品目が38品目から365品目と、前回に比べて大幅に増加したためと見られる。調査結果によると、不採算品再算定の適用で薬価が引き上げられた品目数は、薬価研で136品目(前回13品目)、JGAで66品目(21品目)、PhRMA・EFPIAで2品目(4品目)。薬価が据え置かれた品目数は、薬価研2品目(8品目)、JGA12品目(4品目)となった。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録