HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省/文科省】iPS活用し難病研究‐16年度に創薬候補化合物

2013年3月4日 (月)

 厚生労働省と文部科学省は、疾患特異的iPS細胞を活用した難病研究を共同でスタートさせる。厚労省の難病研究班と文科省が決めた4疾患分野の共同研究拠点が協力し、効率的にiPS細胞を医療機関に供給することで、難病治療への応用を加速させる。さらに製薬企業と連携し、創薬候補物質のスクリーニングも進める。基礎から実用化までの一貫研究体制を構築することにより、2016年度までに創薬の候補物質を見出したい考えだ。

厚労省、文科省が共同実施

 厚労省は、難病研究を厚生労働科学研究費の事業で推進してきた。ただ、iPS細胞を研究に活用するためには、iPS細胞の樹立や分化誘導に必要な技術、大量に調製する設備等のノウハウが必要なことから、文科省が選定した共同研究拠点と連携し、製薬企業からも参加を募ることにより、基礎研究から実用化研究まで一貫した研究体制を作ることにした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録