HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

名古屋大はデータ操作なし‐ディオバン研究で中間報告

2013年12月19日 (木)

ノ社元社員の関与は認定

 名古屋大学は13日、循環器内科の室原豊明教授らの研究グループが行った降圧剤バルサルタンの医師主導臨床研究「NAGOYAHEART STUDY」(NHS)について、論文に用いた解析用データとカルテを照合した結果、「恣意的なデータ操作はなかった」と結論づける中間的な調査結果を発表した。

 同研究は、2型糖尿病または耐糖能異常に高血圧を合併した日本人患者を対象に、ARBのバルサルタンとカルシウム拮抗剤のアムロジピンの有効性を比較したもの。2004~10年まで日本人患者1150例を対象に実施した結果、主要評価項目の複合心血管イベントは、バルサルタン群54例(9・4%)、アムロジピン群56例(9・7%)と、両群間に有意差はなかった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録