HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚HD】18年度に売上1.4兆円計画‐中計発表

2014年8月29日 (金)

エビリファイ、特許切れも13年度水準へ

樋口社長

樋口社長

 大塚ホールディングスは、2014~18年度の5カ年中期経営計画を発表した。主力の抗精神病薬「エビリファイ」の米国物質特許が満了する影響により、16年度に業績の底を迎える今中計では、最終年度の18年度に収益源の多様化によって、売上高1兆4400億円、営業利益2000億円と13年度水準に回復させる計画だ。樋口達夫社長は26日の記者会見で、「エビリファイの特許切れに一定のメドがついた。前中計で前倒しして投資してきた成果を、20年度以降の成長につなげたい」と意欲を示した。

 事業の底となる16年度は、売上が13年度比18%減の1兆1900億円、営業利益が半減の1000億円と予想。今中計では、「収益構造の多様化を確立する5年間」に位置づけ、グローバルで約5750億円を稼ぎ出すエビリファイの米国特許切れによる売上減を、新薬を中心とした医療関連事業で約8割、ニュートラシューティカルズ(NC)関連事業で2割カバーする。中でも医療関連事業は、エビリファイ主体の売上構成から、「中枢が3割、癌が3割、その他が4割」とバランスの良い収益構造を目指す。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録