HOME > 無季言 ∨ 

癌細胞の増殖を抑制する抗体発見

2014年11月7日 (金)

◆岡山大学病院消化器内科の三宅康広助教のグループが、ヒト血液中から癌細胞の増殖を抑制する抗RPL29(リボソーム蛋白L29)抗体を発見した。同抗体は「生体内の腫瘍免疫システムが、いかにして癌細胞を排除しているか」の研究視点のもとに発見された
◆培養癌細胞を用いた研究により、ヒト血液中に存在する抗RPL29抗体に、膵癌や肺癌、肝癌、大腸癌、前立腺癌の細胞増殖抑制効果が明らかになった。加えて、膵癌患者105例の検討結果では、血液中に抗RPL29抗体を多く有している患者では、同じ病状で同じ治療を受けたケースでも明らかに生存期間が長いことが判明している
◆抗RPL29抗体の臨床への応用については、血液中の同抗体測定により、生体内で機能している腫瘍免疫システムの状態を評価することで、個々の癌患者に適合した治療方針の決定が可能になる。また、同抗体に癌細胞のアポトーシス誘導効果があるため、副作用の少ない新規抗癌剤の開発も期待できるという。抗RPL29の今後の研究動向に注目したい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録