HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

アスベスト健診‐21%に有所見

2007年8月8日 (水)

 アスベスト疾患センターが実施した2006年度石綿(アスベスト)関連疾患健康診断の結果が公表された。それによると、石綿曝露の可能性がある受診者1万3202人のうち、職業歴から石綿(アスベスト)曝露があったと判断された1万1295人に胸部X線・CT検査を実施した結果、2356人に何らかの医学的所見が認められ、有所見率は20.9%に上ることが分かった。

 労働者健康福祉機構が公表したもので、有所見としては、▽悪性腫瘍8例(肺癌7例、中皮種1例)▽石綿高濃度曝露により発生する石綿肺は94例▽肺側の胸膜の病変で、壁側の胸膜との癒着を伴うびまん性胸膜肥厚は46%▽石綿低濃度曝露でも発生し、石綿曝露の指標となる胸膜プラークは2202例””だった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録