HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】「ピンチをチャンスに」‐ルラシドン戦略に自信

2015年5月15日 (金)

多田社長

多田社長

 大日本住友製薬の多田正世社長は11日の決算説明会で会見し、ルラシドンについて、「国内での統合失調症に対する申請が困難となった。武田薬品との欧州での共同開発・独占的販売契約も解消されたが、ピンチをチャンスに変えるためのあらゆる選択肢を検討していきたい」と語った。また、同社は、今年10月で合併後10年を迎えるが、その間の業績推移を基に「将来のためにしっかりと研究開発に投資している」と強調した。

 北米でのルラシドン事業は、2011年2月に統合失調症治療薬として発売。13年6月にはFDAより双極I型障害うつ効能が追加承認され、14年度の売上高は825億円と順調に推移している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録