HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

独法が第1期中計自己評価‐国循・成育医療などが提出

2015年8月19日 (水)

 国立循環器病研究センターは17日、厚生労働省の国立研究開発法人審議会高度専門医療研究評価部会に、2010~14年までの第1期中期計画における業務実績の自己評価を提出した。14評価項目のうち、「臨床を志向した研究・開発の推進」や「担当領域の特性を踏まえた戦略的かつ重点的な研究・開発の推進」など7項目について、5段階評価で最高の「S」をつけた。

 研究・臨床研究事業については、3項目全てに「S」評価をつけた。「臨床を志向した研究・開発の推進」では、病院と研究所の連携強化を目的に、研究所内に臨床研究部や先進医療・治験推進部などの部門を合わせ持つ「研究開発基盤センター」を設置。病院とのトランスレーション研究基盤が整備されたことに伴い、ペプチドホルモンの前臨床研究など計370件の共同研究を実施した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録