HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【タミフル】脳への影響は低い‐中外製薬が非臨床試験を報告

2007年10月30日 (火)

関連検索: タミフル 中外製薬

 タミフルの脳への影響を調べた4非臨床試験の成績が、厚生労働省医薬食品局の「リン酸オセルタミビルの基礎的調査検討のためのワーキンググループ(基礎WG)」に、中外製薬から報告された。4試験はロシュが実施したもので、いずれの試験も、タミフル投与と異常行動との因果関係は否定される結果だった。WGでは今後、残りの試験の結果報告を受け、今冬のインフルエンザシーズンまでに最終判断し、それを受け、薬事・食品衛生審議会の部会が安全対策をまとめる予定。

 報告された非臨床試験は、▽脳内での暴露に関連する能動輸送過程(トランスポーター)に関するin vitro試験▽脳内のカルボキシエステラーゼ1(hCE1)による未変化体の代謝(エステル加水分解)に関するin vitro試験(脳組織)▽ラットにおける脳、脳脊髄および血漿中濃度の測定▽中枢神経作用に関するバインディング・アッセイ””の四つ。

 試験は、タミフルの代謝物の脳内吸収を主に調べたもので、その結果、タミフルが脳に影響を及ぼす可能性は低いとしている。また、中枢性作用に関する受容体とのバインディング・アッセイでも、タミフルが持つノイラミニダーゼ阻害作用に特別な問題は認められなかった。

関連検索: タミフル 中外製薬




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録