HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】療養病床改革で整理案‐住まいの機能強化が柱

2016年2月1日 (月)

 厚生労働省の「療養病床のあり方等に関する検討会」は、慢性期の医療サービス提供体制の選択肢を整理した案をまとめた。現行の介護療養病床と医療療養病床(看護人員配置25対1)が担っている機能について、「住まい」の機能強化を中心に、医療を内包した施設類型、医療を外から提供する住まいと医療機関の併設類型を提示した。

 取りまとめでは、現行の療養病床が長期療養の場となっていることを踏まえ、住まいの視点が重要とし、日常的な医学的管理、一定の介護に加え住まいの機能を同時に満たす新たな類型が必要と提起した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録