HOME > 無季言 ∨ 

シェアード・ディシジョン・メイキング

2016年8月26日 (金)

◆患者も加わって治療方針を決めるという新たな概念、シェアード・ディシジョン・メイキング(SDM)をご存じだろうか。最近取材した大学教授から「世界的に大きなテーマ。国内でもSDMに関心を示す医療従事者が増えつつある」と教えてもらった
◆患者によっては、効果は高いが副作用も大きい治療法より、効果はやや劣るが副作用が小さい治療法を選びたい場合もある。SDMは患者の価値観を反映した最適な治療方針の選択に役立つという
◆パターナリズムに始まり、インフォームド・コンセント、コンプライアンス、アドヒアランスなど、治療方針をめぐる医療従事者と患者の関係は経時的に成熟してきた。治療方針の決定に患者も参加する時代になるとは、感慨深いものがある
◆医師に言いづらいことを薬剤師が患者から聞く機会は少なくない。そこで患者の希望や価値観を聞き取り、医師に提供することで治療方針が変わるケースもあるだろう。薬剤師は日常業務の中でSDMの実践を支援しやすい職種なのかもしれない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録