HOME > 無季言 ∨ 

分業のメリットを

2016年8月29日 (月)

◆関西医科大学総合医療センターの院外処方箋全面発行中止、滋賀医科大学病院の敷地内薬局誘致など、医薬分業を揺るがす事態が相次いでいる。関西医大の中止理由が「約16年間処方箋を出してきたが、メリットを十分に感じられなかった」というものだけに問題は根深い
◆敷地内薬局誘致でも病院関係者から「患者のメリットになる」との声が平然と出る。特に滋賀医大の事例で衝撃的なのは立地的に面分業が定着していたにもかかわらず、敷地内薬局の話がすんなり通ってしまったことだ
◆薬局ビジョンで門前からかかりつけへの方向が打ち出され、今回の調剤報酬改定で立地から機能への転換が促された改革は何だったのかと思わざるを得ない
◆何よりも深刻な事態があまりにも静かに進みすぎている。地元などから分業のメリットを主張する反論がほとんど聞かれないのは、院内処方と門内薬局の方が患者にメリットをもたらすと認めたに等しい。このままでは患者が立地で薬局を選ぶ流れに戻りかねない。もっと本気で戦う時ではないか。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録