26日に大阪で「親子おくすり教室」 インクロム、少彦名神社、大阪家庭薬協会

2017年7月7日 (金)

 治験施設支援機関のインクロムは、少彦名神社(神農さん)と大阪家庭薬協会との共催で、小学校高学年を対象とした「夏休み親子おくすり教室」を26日に大阪・道修町の少彦名神社で開催する。

 大阪近隣に住む親子に、大阪の歴史と産業「くすりの町・道修町」や健康を守る医薬品を身近に感じてもらおうと始めた、このイベントも今年で4年目になる。

 少彦名神社の別所賢一宮司は、「イベントに参加することで、人々の健康を支える薬、病の治癒を願う人々の思い、大阪の産業・歴史などへ関心を持っていただき、親子で話し合う機会となればうれしく思います」とコメントしている。

 今回は、骨の健康を学ぶ「子どもの骨とカルシウム」や「薬膳ラムネづくり体験」などを用意。また、当日は生姜博士としてTV番組で紹介された大阪家庭薬協会顧問の田部昌弘氏が「夏休み自由研究のヒント」と題し、自由研究のまとめ方のコツなどを解説する。対象は小学5、6年生とその保護者。

 参加費は無料だが、同社ホームページ(www.incrom.com)にて事前予約が必要(申し込み締め切りは20日まで)




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録