HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬学会RSフォーラム】後発品を使いこなす時代に‐基礎薬学、問題意識が必要

2017年7月24日 (月)

参照価格制に賛成意見も

 日本薬学会のレギュラトリーサイエンス部会は18日、都内で後発品をテーマにしたフォーラムを開いた。新たな政府目標である数量シェア80%時代に向け、薬局、病院の医療現場から課題が示され、「80%時代は薬剤師が自分たちで後発品を使いこなす時代。そのためには基礎薬学の力と研究的素養が必要」「長期収載品が先発品メーカーの収益のもとになっているのはおかしい。参照価格制度は薬局にデメリットがあるが、やっていかなければいけない」などの声が出た。

 パスカル薬局の横井正之氏は、後発品の評価に必要な知識に最も精通しているのは薬剤師とし、「後発品の使用促進は薬剤師が専門性を発揮する機会」と強調。数量シェア80%時代は「後発品が当たり前になる」とした上で、未だ患者や処方医の意向で後発品に切り替えていない薬剤師が多いことを指摘。「視点が医師と同じになってしまっている。薬剤師のリーダーシップはどこへ行ったのか」と問題提起した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録