HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日薬連薬価研】新薬創出等加算品目、新規作用機序薬を主張も73品目が適用されず

2018年6月18日 (月)

 日本製薬団体連合会の保険薬価研究委員会は、製薬企業97社を対象に4月に実施した薬価改定に関する調査の結果、新薬創出等加算が適用されなかった469品目のうち、薬理作用類似薬1番手で新規作用機序医薬品を主張したにもかかわらず、新規作用機序薬の革新性や有用性に係る基準を満たせず、73品目が脱落していたことを発表した。その一方、企業が不服申し立てを行った116品目のうち、23品目が新規作用機序薬の基準として認められ、加算の適用を受けていた。

 今回の薬価改定の各社平均影響率は、薬価研56社では7.3%、日本ジェネリック製薬協会36社が11.4%、欧米企業のPhRMA・EFPIA25社が6.2%となった。前回改定から薬価を引き上げた品目は全体の2.7%、据え置きは22.9%となった一方、引き下げ品目は74.4%となった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録