HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東大病院脳神経外科】医用画像閲覧アプリを開発‐スマホやタブレットで入手可

2018年6月18日 (月)

 東京大学病院脳神経外科の研究グループは、スマートフォンやタブレットコンピュータでCTやMRI、レントゲンX線検査など医用画像を手軽に閲覧できるアプリケーションを開発した。医療従事者間や医療従事者と患者との間で、医用情報がより正確に共有されることや、遠隔医療、災害地や医療過疎地での医療の質の向上につながることが期待される。

 医用画像は特殊なフォーマットで作成されているため、例えばデジタルカメラの写真のような一般的なデジタル画像と違って、簡単に見ることはできない。このため、一般の人たちには馴染みが薄く、たとえ自分自身の画像であってもじっくり見る機会もツールない。さらに、医師や医療従事者、医学生、研究者であっても医用画像を見るためには、高度な知識と難解な操作を要するソフトウェアを使用しなければならない。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録