HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本ケミファ】高尿酸血症領域で差別化‐クエンメットは“事実上のオーソライズド・ジェネリック”

2018年7月12日 (木)

山口社長

山口社長

 日本ケミファは、高尿酸血症領域での事業基盤を強化する。高尿酸血症治療薬「ウラリット」と、子会社の日本薬品工業が沢井製薬から承継し、昨年12月から販売しているウラリットのジェネリック医薬品(GE薬)「クエンメット」の2剤で市場シェア占有を実現しており、東北大学による尿アルカリ化薬と慢性腎臓病との関連性を検証する臨床研究による新たなエビデンス創出や、他社導出を前提とした新薬開発を進めることで、新たな成長機会につなげたい考えだ。「ウラリット」と「クエンメット」は、今秋にもベトナム工場で日本向けの製造を開始する予定となっており、製造原価率の改善も図る。山口一城社長は4日、都内で記者会見し、「将来のクエン酸製剤市場拡大の果実を、グループで独占できるポートフォリオになった」と手応えを示している。

 ウラリットをめぐっては、日本ケミファの主力の新薬であったが、国内で特許が切れた後は、沢井製薬がウラリットのGE薬を販売し、GE薬売上シェアの9割を獲得している状況にあった。日本薬品工業が沢井のGE薬を承継し、先発品であるウラリットと同じ原薬と製造ラインに改め、昨年12月から「クエンメット」として販売を開始した。山口氏は、クエンメットについて、原薬と製造ラインがウラリットと同じであり、「事実上のオーソライズド・ジェネリック(AG)かもしれないが、特許が切れた直後に上市しているわけではないので、AGという意識ではなく、同等の情報提供活動はしていない」と語る。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録