10月6、7日に東京TFTホールで「第45回小児臨床薬理学会」開催‐「進化続ける小児薬開発」テーマに

2018年8月17日 (金)

 第45回日本小児臨床薬理学会学術集会(大会長:石川洋一明治薬科大学薬学部教授/前国立成育医療研究センター薬剤部長)が10月6~7の両日、「進化を続ける小児医薬品開発」をテーマに、東京有明の東京ビッグサイトTFTホールで開かれる。プログラムは次の通り。

教育講演

 小児科学会の医薬品開発事業―中川雅生(京都きづ川病院)、PMDAの動向(仮)―大内貴司(医薬品医療機器総合機構)、国際シンポジウムのトピックス(仮)―中村秀文(国立成育医療研究センター臨床研究センター)、欧米における小児製剤の開発動向―原田努(昭和大学薬学部基礎医療薬学講座)

シンポジウム

 「妊婦・授乳婦の薬:最新のデータをどう読み解くか」

 催奇形性をどう判断するか:アセトアミノフェンの例と最近の知見―伊藤真也(トロント大学・トロント小児病院)、薬剤を使用する妊婦授乳婦の診療にどう取り組むか:向精神薬を中心に―鈴木利人(順天堂大学順天堂越谷病院メンタルクリニック)、妊娠と薬剤使用の安全性評価における有用な研究方法論:バルプロ酸の例から―小林徹(国立成育医療研究センター臨床研究センター)

 「臨床と研究の架け橋:連携が小児薬物療法の進化を促す」

 難治性リンパ管疾患に対するシロリムス療法を通じて―小関道夫(岐阜大学小児科)、演題未定―庄司健介(国立成育医療研究センター感染症科)、齊藤順平(国立成育医療研究センター薬剤部)、山田孝明(九州大学病院薬剤部)

教育セミナー

 子どもの疼痛管理―多田羅竜平(大阪市立総合医療センター緩和医療科)

 問い合わせなどについては、学術集会事務局[国立成育医療研究センター薬剤部、〒157-8535東京都世田谷区大蔵2の10の1、TEL03-3416-0181(代表)、FAX03-3417-5490、E-mail:45jsdpt@gmail.com]まで。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

研修会 セミナー 催し物 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録