HOME > 無季言 ∨ 

元研究者である2人の作家

2018年11月5日 (月)

◆元研究者である2人の作家に取材した。岩木一麻さんと喜多喜久さんだ。どちらも宝島社の「このミステリーがすごい!」の受賞作家である
◆岩木さんは、元国立がん研究センターの研究者。デビュー作「がん消滅の罠 完全寛解の謎」は40万部を突破し、ドラマ化までされた。大ドンデン返しが痛快だが、奥底には「ミステリー小説を一般者に対する疾患啓発本にしたい」という信念がある
◆喜多さんは東京大学薬学部卒の元製薬企業研究者で、既に26作品を執筆している。一般の人たちが抱く化学への抵抗感をなくす挑戦を続ける。大学の研究室を舞台にそこで起こる小さな謎を解いていく。化学をエンタテイメントに変え分かりやすく伝えている
◆一般の人たちに興味を持ってもらうにはどう伝えたらいいか。そんな発想が製薬企業にいま足りないもの。技術は日進月歩で進む一方で、医療制度は限界点を迎える。制度を守りたい、変えたいのであれば、あなたが作家になって、これまでと違う言葉、違うアプローチで伝えてみるといいのでは。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録