HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】重篤副作用マニュアル了承‐最新知見を導入、内容改定

2019年07月25日 (木)

厚労省検討会

 厚生労働省の重篤副作用総合対策検討会は18日、2018年度に改定された11疾患の「重篤副作用疾患別対応マニュアル」を了承した。作成から10年以上が経過したアナフィラキシーの副作用については、ガイドラインから最新の知見を取り入れ、重症度評価のリストなどを追記した。マニュアルは、厚労省と医薬品医療機器総合機構(PMDA)のホームページで公開される予定だ。

 検討会では、昨年度に既存のマニュアルが改定された、▽薬物性肝障害▽間質性肺炎▽うっ血性心不全▽小児の急性脳症▽アナフィラキシー▽血管性浮腫(非ステロイド性抗炎症薬によらないもの)▽非ステイロイド性抗炎症薬による蕁麻疹・血管性浮腫▽網膜・視路障害▽緑内障▽角膜混濁▽手足症候群――の11疾患のマニュアル内容を確認、了承した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報