HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【HMT】中国で受託拡大目指す‐現地企業との提携模索

2019年08月27日 (火)

菅野隆二社長

菅野隆二社長

 国内バイオベンチャーのヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)は、代謝成分を網羅解析するメタボローム解析技術を用いた受託試験の拡大に向け、海外展開を加速させる。特に研究開発が活発化し、メタボロミクス受託解析への需要増大が見込まれる中国市場を強化していく。菅野隆二社長は、22日に都内で開催した決算説明会で、「自前での進出にこだわらず、現地の提携先と活動を進めていくのが現実的な路線になる」と述べ、提携による受託拡大を目指す考えを示した。

 HMTは2003年に山形県鶴岡市で設立し、製薬企業向けにメタボローム解析技術を用いて受託解析を行う「メタボロミクス事業」と、独自に新規バイオマーカーの探索研究を行う「バイオマーカー事業」の二つを展開している。主力のメタボロミクス事業は昨年度10億円近い売上を計上したが、大型案件の売上がなく減収となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報