HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬価部会で議論】長期品下げ期間短縮を‐AG上市時に先発品撤退も

2019年09月27日 (金)

 中央社会保険医療協議会薬価専門部会は25日、次期薬価制度改革に向けて、長期収載品の段階的引き下げまでの期間のあり方について議論した。委員からは、後発品への置き換え率が一定以上の先発品の薬価引き下げまでの期間短縮を求める声や、有効成分だけでなく、製法等が先発品と同一であるオーソライズドジェネリック(AG)の上市と同時に、先発品を市場から撤退することなどを求める意見が上がった。

 前回改定では、後発品への置き換え率が80%以上の長期収載品をG1、80%未満の品目をG2に区分して段階的に薬価を引き下げるなどの制度が導入された。この日の部会では、長期収載品の段階的引き下げまでの期間のあり方について議論した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報