HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【共和薬品工業】フロンテオと提携契約‐AI活用で認知症診断支援

2020年06月08日 (月)

握手する共和薬品工業の角田礼昭社長(左)とフロンテオの守本正宏社長

握手する共和薬品工業の角田礼昭社長(左)とフロンテオの守本正宏社長

 共和薬品工業は3日、人工知能(AI)ベンチャーのFRONTEO(フロンテオ)と、認知症診断支援システムの開発・販売に関する事業提携契約を結んだ。フロンテオが2023年の承認取得に向け、医療機器として国内開発を進め、共和薬品は承認後の販売を担う。共和薬品は、強みの中枢神経系(CNS)領域で幅広くビジネス展開する経営ビジョンを掲げており、今回の提携をきっかけに実践段階に移行させたい考え。

 2月の基本合意をもとに協議を重ね、契約に至ったもの。共和薬品はフロンテオから最終製品の供給を受ける一方、同社に対して契約一時金、開発・販売マイルストン、売上に基づくロイヤリティを支払う。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報