HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【中外製薬】ヘルスケアのトップ企業へ‐奥田社長「異業種連携で10年後目指す」

2020年06月11日 (木)

奥田社長

 中外製薬の奥田修社長は、就任に当たって本紙のインタビューに応じ、「これまでは大学との提携が多かったが、提携先を制限することなく広い視野を持って連携を広げていきたい」と述べ、異業種を含め柔軟なオープンイノベーション戦略を推進する考えを示した。その上で、「予防医療や診断、ITなど様々な領域の企業・団体と連携し、2030年を目標にヘルスケアのトップイノベーターになりたい」と抱負を語った。

 奥田氏は、自己免疫疾患治療薬「アクテムラ」の開発責任者を務め、3月に新社長に就任した。「われわれの創薬力については、社外からもある程度認められ、力を付けているように思える。今後も画期的な新薬が中核事業となる」と述べ、引き続き新薬開発に注力する考えを示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報