HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省21年度予算案】社会保障関係費に32.8兆円‐薬価改定で自然増圧縮

2020年12月24日 (木)

 厚生労働省の2021年度予算案は、一般会計が前年度当初予算比で0.5%増の33兆1380億円に上った。社会保障関係費は0.5%増の32兆7928億円。社会保障関係費の自然増は4800億円となったが、毎年薬価改定の実現などで実質的な伸びは3500億円程度にとどめた。社会保障関係費のうち、医療は12兆0799億円と前年度当初予算比1.5%減と05年度以来の減少になった。介護には3兆4862億円(2.4%増)、福祉などには4兆4976億円(1.0%増)を計上した。

 21年度予算案は、新型コロナウイルス感染症への対応から、20年度第3次補正予算と一体的に編成した「15カ月予算」の考え方を導入。新型コロナウイルス感染症対応に重点的に配分し、▽ウィズコロナ時代に対応した保健・医療・介護の構築▽雇用就業機会の確保▽「新たな日常」の下での生活支援――の三つが柱となっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報